有料老人ホーム 看護師の医療行為

老人ホームにおける看護師の医療行為

有料老人ホームには看護師が常駐している施設とそうでない施設とがあります。この違いはどこにあるのか。看護師の役割と仕事に関わってくる問題ですが、最大の違いとなるのは医療行為が行えるかどうかにあります。

有料老人ホームは医療機関ではありませんし、介護福祉士をはじめとしたスタッフも医療の専門家ではありません。ですからいざ入居者の健康状態が急変した際にも行うことができる措置に限界があるのです。それだけに看護師が常駐しているかどうかが高齢者が安心して入居できるかどうかの重要なポイントとなってくるわけです。

では看護師は有料老人ホームではどのような医療行為を行っているのでしょうか。入居者の健康状態にもよりますが、もっとも多いのが経管栄養。つまり胃や鼻から直接栄養を流し込む行為です。

自力での食事が困難になっている入居者はこの方法で栄養を摂取することになります。管を通したり、量の調節などに専門的な知識と技術が求められる作業です。それから透析。これも多い仕事です。

加齢による衰えで腎臓機能が衰えている入居者に対して行います。透析は長期間継続的に行わなければならないだけに、看護師が常駐しているかどうかが大きな意味を持ってきます。

他には糖尿病を抱えている入居者に対してインシュリンの投与も行われます。これも介護施設のスタッフではできない重要な医療行為といえるでしょう。糖尿病が国民病ともいえる勢いで増えている状況のなか、今後ますます看護師の役割が増えそうな部分でもあります。

あとは、寝たきりの入居者に対してたん吸引を行ったり、自宅に一時帰宅する際などに在宅の準備を行うのも医療行為として扱われます。これらを見ると有料老人ホームで看護師の需要が高まっているのも理解できるのではないでしょうか。

丁寧なサポートで高評価、有料老人ホームの求人も。おすすめ看護師人材紹介会社はこちら

有料老人ホーム 看護師求人・募集を見つけるメニュー

有料老人ホーム 看護師求人・募集を見つける トップへ
看護師人材紹介会社を活用する
老人ホームでの看護師 給料・給与
老人介護施設へ就職・転職する
有料老人ホームでの仕事内容
給料・年収
仕事を取り巻く現状
有料老人ホームの看護師求人
看護師のメリット
看護師のデメリット
有料老人ホームの実態とは?
勤務形態
看護師の仕事に必要な知識
仕事の見学ポイント
看護師の相談の仕事
スタッフ同士の連携
看護師の仕事と判断
有料老人ホームでの検査の仕事
看護師が行う医療行為
増える転職希望者、将来性
有料老人ホームの看護師業務、やり甲斐

単発バイト・夜勤専従、非常勤など多様な働き方

単発バイトで働くには
夜勤専従看護師の求人

地域別

札幌 有料老人ホーム看護師求人